審美歯科でブラックトライアングルについて相談する

歯並びをキレイに整える従来の方法では確かにデコボコは解消するのですが、整えたが為に以前はなかった隙間が発生する事もあるんです。

私も下の前歯をワイヤーを使って整えた時にブラックトライアングルというのが出来てしまいました。

この問題を何とかしたければ審美歯科で相談すると良いかもしれません。

年齢を重ねた人では、歯と歯茎の境目近くで三角形の隙間が出来る人が多いですね。

ちょうどあんな感じで若くても加齢と共に歯茎が後退したのに近い状態になります。

原因は加齢によるものではなく、矯正で重なっていた歯と歯の間に余裕が出来る事です。

歯と歯が重なっている状態では歯を支える土台の骨が薄くなっているケースが有ります。

その時に歯並びを矯正すると狭い所で盛り上がっていた歯茎もスッキリしますね。

ただ、土台の骨が薄くて低くなっているので歯茎も一緒に下がってしまうのだそうです。

せっかく綺麗な歯並びになったのに残念だと諦める前に、審美歯科に行けば歯茎も見るからに若々しくなれますよ。

歯茎が下がって黒い三角形の隙間が出来ると聞くと、何だか歯周病みたいで嫌ですね。

もちろん、ブラックトライアングルは歯周病や加齢によって多く発生します。

ただ、歯茎が健康で若い人でも乱れた歯並びを矯正すると、副作用的に歯茎が下がったみたいになることがあります。

見た目にも感じの良いものではないので審美歯科で治して貰う人も多いとか。

この三角形の隙間は見栄えを悪くするばかりではなく、食べ物が引っ掛かって虫歯や歯周病を引き起こす元になりかねません。

ガタガタの歯もまた食べ物が歯に挟まって歯ブラシが届きにくく、歯周病や虫歯の原因になるのです。

だから、矯正してもしなくてもケアは難しいとなれば、矯正するのが良いか悪いか決めつけられないです。

三角形に隙間が出来てしまった人は、歯茎のハリを取り戻す物質を注入してもらうなどの施術を受けたいものです。

審美歯科では隙間なんてなかった状態の歯茎に近づける様な治療もしてくれるので、悩む前に一度相談すると良いでしょう。

Comments are closed.