審美歯科で歯並びを治して貰う

簡単には動きそうなイメージがない歯ですが、一定方向に長期間力を加え続けると少しずつですが動きます。

歯並びの悪さというのは顎が未発達で歯の生える場所が狭い為に起きることもあります。

しかし、歯を食いしばる癖とか頬を圧迫し続けるといった習慣が原因で歯が傾いたりする事もあるんです。

私の場合はクラリネットのリードで前歯を圧迫して歯が傾いたので、以前には矯正歯科に通った経験もあります。

それで、今度は審美歯科の方で最新の施術を受けてみたいとクリニックを探しました。

傾いた歯をもとに戻す為には、矯正歯科だと歯を起こす方向に弱い力を長期間加えます。

歯が傾いたのとは逆の方に動かそうというわけですね。

矯正の為のワイヤーなどを装着し続けることで確実に歯並びがキレイになるのは嬉しいですが、ワイヤーが目立つと人前で口を開けるのが嫌になります。

最近は目立ちにくいワイヤーなども使われますが全く目立たないわけではありません。

その点、審美歯科では矯正していると外から分からない方法も可能かもしれません。

矯正歯科でデコボコの歯並びを治す場合に目立つのが嫌だったら、歯の裏側に矯正の為の器具を取り付けて貰うことも出来ます。

ただ、裏側にワイヤーなどを取り付ける場合は費用も高めですし、あまりにもデコボコがひどい場合は表からでないと難しい場合もあります。

審美歯科で被せ物を使って短期間で行う様な矯正方法も、あまり歯並びが悪い場合は適用できなかったりします。

私の傾いた前歯は矯正歯科で過去に治して貰ったのですが、クラリネットを吹いていると時間と共に再び傾いてきます。

ただ、傾きがあまり大きくないので審美歯科で何とかして貰えないかと相談に行きました。

審美歯科では、クラウンと呼ばれるセラミックで出来た歯の様に見える被せ物を使ったりします。

矯正の期間中も矯正後も全く見栄えが悪くならないのが流石に審美的です。

私の前歯はこの方法は残念ながら不向きでしたが、思いがけず横の方の歯並びを直すには向いていると言うことでした。

お願いしたところ時間も短くてすみ大変快適です。

Comments are closed.